今の車に乗り換える際、前の車を下取りできないかと知り合いの車屋さんに相談しましたが、査定額はゼロでした。

 

10年乗った軽自動車ですし、走行距離もかなりのもの。妥当な査定が下ったんだろうと思います。ですが、自分にとっては長年連れ添った大切な車。さすがに新車同然とはいかないまでも、外装も内装も気をつけて使っていたのでそれなりに綺麗な状態でした。一部弄った部分もありましたが、査定を頼む際にはすべて純正部品に戻してみたものの、それ以前の問題になってしまっていました。

 

某バイク屋のCMではないですが、車にかけた愛情を査定に汲んでくれたらなぁ、なんて考えてしまいました。まぁ、買い取るほうも商売ですから、そんなことしてたら立ち行かなくなってしまうわけですが。ちょっとだけ、寂しい思いをしました。

 

CMも最近英語が多いね。
あなたのビジネスを加速させます!

家に次ぐ高級な資産

車を購入する時は、高い買い物という事もあるけど毎回わくわくする。
どこのメーカーにするか?どんなタイプにするか?買ったらどんな乗り方をするか?などいろいろ考えながら購入するので、家を買うくらいわくわくドキドキしながら販売店で品定めをする。
そこまでして、選んだ車だからこそ売るときは、いい金額で査定してもらいたい。
私が今まで売った販売店では、いくつかの店を回ってみていろいろいな査定を出してもらったが、通常の売却価格よりあがった事は無い。
ただ、友達の中には車に対する思い出を語って査定があがったという話も聞くので、今乗っている車を売るときは、いろいろな店に持ち込み思い出を語りまくって、思い出査定アップを狙いたい。
車の査定をしよう!

外車が大好きです!
・肌タイプ別、クレンジングの選び方 クレンジングで肌、筋肉にも影響を与えるものです